アレッサンドロ社

GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残2

色・柄違いで6種類。おつまみプレートにいかが?
3個+受け皿プレートでセットで揃えるとさらに色んな使い方が出来ます!

  • GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残21
  • GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残22
  • GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残23
  • GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残24
  • GIO105 四角小皿 ブルークラッシック 残25

色・柄違いで6種類ある使い勝手のいい四角い小皿です。グリーンの柄違い(GIO103+GIO104)と、グリーンの受け皿(GIO107)とセットで揃えて、おつまみセットプレートとして使うのも楽しいです。もちろん、それぞれ単品でも活用できます。中は白地なので、和洋中問わず色んなお料理にもよく合います。ご家庭でお酒のお供にナッツやチョコレート、柿の種なんかを盛り付けても素敵です。

※画像はイメージです※
南イタリアの素朴な街で作られる陶器は、一枚、一枚、全て職人が手書きで仕上げ、磁器とは違い、低温で焼き上げております。
このため、柄の位置が違ったり、気泡が入ったり、色の出具合などが一つ一つ異なり、同じ商品であっても濃かったり薄い部分があるなど、個体差がございます。
それらも含め、偶然に発生する現象のすべてがやきものの味わいであり、魅力の一つです。
そのため画像はイメージになりますので、個体差はあらかじめご了承ください。
〇電子レンジ、食洗器のご利用はおすすめいたしません。

 

W11cmx5.5cm H5cm

1,300(税込1,430円)

残りわずか

数量:

ギフト包装承ります

※陶器は食品とは別送になります。
※送料が表示と異なる場合がございます。
 その際は改めてご連絡差し上げます。

バロック調の華やかな絵付けが特徴のアレッサンドロ
Ceramica Giovanni di Alessandro Scannapieco

ヴィエトリの街の、入口付近の広場を上がったところにある、
マンマと二人でやっている小さな陶器屋さん。
過去に日本に来たこともある親日家の彼が造る食器は
バロック調の華やかな絵付けが特徴。
フォルムも凝ったものが多く、所狭しと積み上げられた食器は圧巻。
陽気で気さくなマンマと息子が親切に対応してくれる、
アットホームな雰囲気の会社です。

このページの先頭へ