ブログ

danielsの投稿

ゴルフ

2020年9月19日 

皆さんこんにちは!
ダニエルズアルバ店長の丸山です。

先日久しぶりにゴルフの打ちっぱなしに行ってきました!
ゴルフは5年前から始めましたがなかなかスコアは伸びません😅
やっぱりなんでも日々の練習、大切ですね。
この日は天気も良く風が心地よく最高に気持ち良かったです☆
少々筋肉痛残ってますが…

今年こそはスコア100を切りたいです!!

ワインメニュー完成間近

2020年9月15日 

こんにちは。
元気ですか?


5月のコロナから減量で8㎏減りました、
筋肉ソムリエことダニエルズ本店の店長の藤田です。


さてさて私が厳選したワインメニューが完成間近です。


ステータスを入れましたので非常に分かりやすくしまして、
料理との相性も加えております。




是非この機会に私が選んだワインを飲みに来て下さい。




では皆さんさようなら。


陶芸体験

2020年9月12日 

こんにちは!ダニエルズルーチェの東野廉です。

先日、以前から1度行ってみたかった轆轤を使った陶芸体験に行ってきました!
難しそうという入りでしたが、やってみれば想像していたより簡単でエキサイティング!!

自分で作ったものはやっぱり可愛くて愛着が湧くものですね。まだ届いていませんが、焼成して出来上がったものが家に届くのが楽しみです!

思えば京都に来て4年目になりますが、京都らしいことはほとんどしてないので新鮮でした。これが京都らしいことなのかはわかりませんが笑

今後、せっかくなのでその土地らしいことが経験できる時間を増やしたいです。

DANIEL’S LUCE

食べ歩き

2020年9月11日 

少し前に食べ歩きに行った店です。

リゾットが食べたくて、
食べれるお店を探してたら出てきたので行きました。

パスタはブリと大根で出汁の味がして
和のテイストを取り入れた感じになってました。

リゾットはもちろん、
それ以外の料理も美味しかったので満足です。

また機会があれば行きたい店です。

毎月25日は名物料理が半額!

2020年9月10日 

いつもご愛顧ありがとうございます!
今年は1995年の創業から25周年ということで

 

毎月25日は各店の名物料理がいつもの半額です!

 

というわけで、今月も半額メニューのご紹介♪

 

まずは錦ダニエルズ本店から

チーズを溶かしながら仕上げるアマトリチャーナ

本店はシェフ塚原と店長藤田がイタリア・ローマで感銘を受けたアマトリチャーナ

豚肉のパンチェッタとしっかり甘みを引き出した玉ねぎのトマトソースパスタを
ペコリーノ・ロマーノというチーズの器を溶かしながら仕上げていきます。

目の前で仕上げますので、チーズ好きの方は「チーズ多めで!」とリクエストください☆

 

 

次は御池通り、ダニエルズアルバ

しらすと生湯葉、レモンのスパゲッティ 自家製からすみかけ

アルバは今月もしらすのパスタ

日々進化を続けるシェフ芳片のパスタは、配合を研究し続け、麺がどんどんおいしくなっています☆

しらすのパスタはリクエストも多く、シェフ芳片のスペシャリテのひとつになってきています♪

 

 

高倉錦・ダニエルズソーレ

クアトロフォルマッジ

ソーレは大人気の定番ピッツァクアトロフォルマッジ

500℃のピッツァ窯で焼き上げるピッツァは粉の配合、生地の熟成、伸ばし方で驚くほど「軽い」仕上がりに。

チーズ好きの方はぜひ♪

 

 

京都タワービルのダニエルズルーチェ

名物スペアリブ

「お肉とクラフトビール」のルーチェからは、モリタ屋さんの国産豚を使ったスペアリブ!

常に人気のメニューですが、

ご好評につき通販でも買えるようになりました♪
いちど焼いてから真空パックでお届けしますので、レンジでチン♪ですぐにお召し上がりいただけます☆

 

 

京都駅エリアからもう一軒、ダニエルズモンド

写真はムール貝のティエッラ

イタリア料理にとどまらず、フランス料理、スペイン料理、南米料理を自在に行き来するシェフ高山。

ティエッラは南イタリア・プーリア州の伝統料理で、スペインのパエリアにも似た、いわば炊き込みご飯。
今月は秋鮭!お出汁がよく出ています♪

 

 

最後は錦、串揚げとおばんざいの桃屋

尾崎のおばんざい盛り合わせ

この道30年、料理長尾崎のおばんざい盛り合わせ

この春から営業時間を延ばしてお昼からの営業になっていますが、
お昼のおばんざい定食はリピーター続出

弊社事務スタッフもお昼はほとんど毎日桃屋で食べてます…
詳しくは専務大橋のブログにて。

そんな桃屋のおばんざいでビールをどうぞ☆

 

 

スタッフ一同、ご予約・ご来店お待ちしています!

 

 

▼ご予約はこちらから▼

ダニエルズ錦本店
ダニエルズアルバ
ダニエルズソーレ
ダニエルズルーチェ
ダニエルズモンド
桃屋錦

▼公式LINEでお得情報配信中▼

友だち追加

やっぱり好きかもしれないこと

2020年9月9日 

おひさしぶりです、
事務所の西村まゆです。


最近は、ひまわり畑に行ったり、海に行ったり、
花火したり、旅行しまくったり… と
夏っぽい事をし倒したので、そろそろ冬きて欲しいなと。
ぼんやりと。思っています。


それから、こないだ
自分のインスタを更新していて、
やっぱり写真すきだなあって思いました。


フィルムで撮ったみたいな写真も
くっきりずどーんな写真も
ぶれてる写真も好きです。


いろんな色
中央の男性、このあとよろけます
何気ない雰囲気を撮るのも好きです
よくわかんない草を小一時間撮ってました
東京タワーを下から
しゅばばばってなる花火



特に人を撮るのが好きかもしれません。
ふとした時の表情とか。
はいチーズで笑うんじゃなくて、
撮られてる意識なく自然に笑ってるところとか。


このあいだのチャレンジキッチンでも思ったんですが、
皆さんが頑張ったお料理やお酒で飲み食いも楽しかったけど、
食べずにみんなを撮ってたいくらい
皆さん良い表情してはるなあって思ってました。
お客様もスタッフさんも。
思いながら、撮ったり食べたり落ち着きなく参加してました。


早くもっと寒いくらい涼しくなって欲しいな〜、
と思いながら仕事に戻ります!

去年の今頃は

2020年9月7日 

みなさんこんにちは!
つかしょんです!


さてさて、今回何書くか決めるために写真を見返してびっくり!!
写真全然あらへんやないか!!笑


最近の写真が数枚あって、その前は去年行ったイタリアの写真、、えっ?
そうなんです、あれからもう1年なんです!ちょうど1年前、、
(うちの店長が、ずっとロード、ロードと訴えかけてくるので
なんやって思ってたら、そう言うことか、、)



写真を改めて見返しながら、学んだ事、楽しかった事など思い返してると、
またイタリアへの想いが強くなってきました!


前回のブログでも言いましたが、歴史を感じるものが好きなので、
トスカーナやローマは歴史そのものでしたし。
街の至る所におもむろにある説明が添えられた建造物や銅像なんかを見て、
あれっ?京都ってそんなんばっかやん!って気付かされたり、、笑
(それでいきなり京都の名所巡りに目覚めたんですが)


今年は残念ながらイタリア研修は無理な状況ですが、
この先にまたイタリア研修が再開し、毎年いろんな事を楽しみにしながら
仕事に取り組めるようになると信じるしかないですね!!


次にイタリアに行く時は、絶対生でセリエAを観戦したいですね!!

第1回チャレンジキッチン

2020年9月6日 

9月3日木曜日は第1回チャレンジキッチンでした!

以前よりお知らせしていました新企画「チャレンジキッチン」が9月3日、無事に開催されました。
今回はそのレポートを。

メニューデザインは「6人目のチャレンジャー」事務所のまゆ

 

 

まずはルールのおさらいを。

1、参加メンバー(=当日のスタッフ)は入社1~3年目の若手社員
2、メニュー内容・仕入れ・サービス・その他すべての準備を参加メンバーだけで考え、用意する
3、先輩、料理長、店長は基本的に手伝わない

このルール3の「手伝わない」がなかなかに厄介で、「そこはこうじゃない?」「もっとこういう風にしなきゃ」と口出ししたくなるのをぐっと堪える準備期間でした…

ということで、当日の参加メンバーはこちら。

左から熊木拓人、阿部真弥、長谷川将稀、東野廉、栗原陸

この写真はデザートまで終わった後なので皆すっきりした表情ですね。
当日は朝から緊張で胃が痛い…と呟いていたスタッフもいましたが^^;

では、チャレンジの内容を見ていきましょう。

メニューはチャレンジ店長りくのアイデアで顔写真入り

一皿目、秋刀魚ときのこの南蛮漬け

桃屋より、阿部真弥”あべべ”の一品。
ちょっとしたことですが、かざりのもみじがいいですね。
イタリアンですとなかなかこうした季節のあしらいは用意していないのですごく新鮮でした。
桃屋ではホールでのサービスが中心であまり厨房に入る機会が少ない彼。
料理長の尾崎に教えてもらいながら(叱られながら?)、がんばりました。
担当が一皿目だったため、その後はいつもの明るく楽しいサービスが輝いていました。

いつも通りの明るく楽しい接客をしてくれた阿部

二皿目、きのこと生ハムのポタージュ

ここからはソーレ長谷川”はせぴょん”の二品。
まずはきのこのポタージュから。
スープは良いバランスでまとまっていました♪
が、そこに生ハムをどのように使うかにはまだまだ勉強が必要です。

三皿目を仕上げていく長谷川(奥)と東野(手前)

三皿目、茄子のフリット じゃがいものカダイフ 白味噌ソース

今回参加のメンバーで最年少のはせぴょん。
この春に専門学校を卒業した新入社員です。
今回はちょっと厳しめのお声が多かったかと思いますが、
この一皿からは彼の現時点での目指したい料理が伝わってきます。

また、自分の担当の二皿を出し切ってからは次の盛り付けの準備をしたり洗い物に回ったりと、
客席からでは見えないところで活躍していたのもはせぴょんだったんではないかなぁと思います。
そういう、チームを意識した動きも現場では非常に大事なんですよね。

四皿目、鰯とウイキョウのパスタ ~きのこ風味~

レーズンとパン粉でシチリアの定番です

ここからは本店より、当日は「料理長」の熊木拓人の二皿です。

料理の説明をする熊木。指した右手の先には料理長塚原が。

たくとの二品は気をてらわない、定番の郷土料理
本店料理長の塚原”つかしょん”に日々教えてもらっていることがよく伝わっているように感じます。

しかし当日席について料理のチェックをしていた塚原からは「なんでアレをこういう風に使わんかったんや~」と惜しむ声が…(笑)

余談ですが、たくとがこのパスタを出すということに薄々気づいた塚原は日替わりメニューにこれを載せ、こっそり指導するという師匠愛を見せていたそうです。

五皿目、真鯛のカルトッチョ

魚介の紙包焼き、これも定番の郷土料理ですね。
以前から賄いで作って評判がよかったと言うカルトッチョを真鯛とあさりで。
これも塚原の教えに忠実で、この日いちばん高評価だったのはないでしょうか。
とは言え、まだまだ惜しいポイントはいくつかあるんですよね~。

六皿目、の前にお口直しにスパークリングワインのジュレとブラッドオレンジのグラニテ

最後はルーチェの東野廉。
個人的にこれはけっこうヒットだったのですが、ルーチェ料理長木澤”きーやん”っぽいなぁとも思っていました。

前半は盛り付けに料理の準備にと大忙しだった東野

六皿目、鴨のロティ

お口直しからは一転、ここはれんが勉強してきたことを盛り込んできたな、と思わせる一皿でした。
ソースも普段ルーチェでは見ない、このイベントのために考えてきたもの。

そして実はこの手前くらいでけっこうお腹いっぱいの我々…
20代前半男子たちが作る料理は量が多くなりがちです^^;

メイン料理やはり火入れの加減、盛り付け、ソースのバランスなど、シンプルに見えてもいちばん技術が必要なものだと思います。
これからは今まで以上に木澤や佐藤”あつ兄”の仕事をしっかり目で盗むんだろうな、と楽しみです。

最後はデザートの盛り合わせ

さつまいものケーキと抹茶のジェラート

ジェラートには秘密の食材が…。
気になる方はぜひルーチェで東野に聞いてみてください!

ドリンクとサービス担当は栗原

各料理にあわせてドリンクを考えたのはルーチェの栗原陸。
この日のためにクラフトジンを漬け込んだり、ワインのペアリングを考えたり。
準備から持ち前のリーダーシップを発揮してくれました。

メニューの裏にはメンバーからのメッセージが

最後に

当日ご来店いただきました皆様、至らぬ点は多々あったかと存じます。
その中で皆様にかけていただいた、厳しくもあたたかいお言葉に感謝いたします。
当日の参加メンバーだけでなく、会社としても多くの気づきがあった、非常に良い会になりました。
メンバーからはぜひもう一度「リベンジキッチン」をしたい!という声もありましたので、第2回、第3回とチャレンジを続けていきます。

当日、代表の赤松からもお話しさせていただきましたが、「人生はずっとチャレンジ」です。
スタッフ一同、これからもチャレンジしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「運動会で息子の活躍を見逃すまいとするパパ」のような専務大橋

誕生日休暇制度

2020年9月5日 

こんにちは、
ダニエルズ モンドのシェフ高山穂高です。

先日誕生日休暇を頂き、
長野県と岐阜県の県境にまたがる山岳リゾート地の
上高地へと現実逃避&
トランピングしてきました。
上高地は、標高1500メートル程あり夏でも最高気温22度ぐらいと天国の様な涼しさでした。
余談ですが、京都駅の標高は27メートルで、この日の最高気温は36度でした。

なんだかんだ書くよりも写真を沢山載せますので雰囲気が伝われば思いますので。
しかし、誕生日休暇制度は何て素敵な響で、素敵なシステムなんでしょう。

Daniel’s MONDO

このページの先頭へ