ブログ

  • トップ
  • > ブログ
  • > ソムリエ米津のワインのすすめ~ブドウ畑でつかまえて~vol.2

ソムリエ米津のワインのすすめ~ブドウ畑でつかまえて~vol.2

2017年3月26日 

ようやく春らしくなってきた今日この頃。
皆様いかがお過ごしですか?
街中も華やかになってきて、花粉症の私ですがウキウキする季節です。
ソムリエ米津でございます。
早速ですが、ワインのお話第2弾にまいります。

 
 

【ワイン選びのコツ】

 

突然ですが、皆さんワインを選ぶのって難しいですか?

 

産地とか品種とか、魔法の呪文のような言葉がワインリストに並んでいて、混乱してしまいます。。

 

「シャルドネ」「メルロー」くらいならまだしも「シュペートブルグンダー」とか「キアヴェンナスカ」とか、、、
イタリアのDOCもややこしいですね、、
「ヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イェージ クラシコ スペリオーレ」なんてもう。。。
 
さて、そんな訳ですので、ワインは難しい!って思ってしまいがちですが、ちょっとだけコツを掴めばワイン選びはグッと楽しくなります♪

 

ということで、ワイン選びのコツ、その1です☆

 

・まず産地を見ましょう。

 

ワインは、基本的にブドウ果汁100%のお酒です。
なので、そのブドウの甘さがワインの味に直線関係します☆
ここで、バナナを思い浮かべてください。

 

「沖縄産バナナ」「北海道産バナナ」
どちらが甘いでしょう?
(あ、北海道でバナナは作れない、っていうツッコミはご容赦くださいね^^; イメージです、イメージ)

 

はい、沖縄ですよね☆

 

ブドウも同じなんです。暖かい産地のブドウは、甘いんです。
ですので、
白ワインは寒い産地の方がスッキリ辛口、暖かい産地の方がフルーティでふくよか
赤ワインは寒い産地の方がキレイでエレガント、暖かい産地の方がボリューミーでしっかり
になります♪

 

実際はもう少しいろいろな要素があって複雑なのですが、今回はこれくらいで^^

 

さて、具体的には

 

寒い産地:ドイツ、フランス、ニュージーランドなど。イタリアならピエモンテ、ヴェネトあたりで☆
暖かい産地:スペイン、カリフォルニア、チリなど。イタリアならシチリア、カンパーニャあたりを♪

 

 

これで少しはお好みのワインに近づけるかも!?

 

このページの先頭へ