ブログ

ソムリエ米津のワインのすすめ~ブドウ畑でつかまえて~vol.7

2017年9月4日 

【山のワイン】

皆さま、こんにちは!
秋めいてきましたね(´∀`)

 

さて、今回は前回の「海のワイン」に続き、「山のワイン」についてです♪

 

・海のワインのおさらい

 

まずは「海のワイン」のポイントを簡単におさらいしておきましょう♪

 

1 「海のワイン」は海の近くの畑で造られたワイン
2 海風の影響で潮の香りを帯びたものがある
3 その潮の香りが海産物とよくマッチする
4 具体的にはシチリアの「ネロダーヴォラ」やマルケの「ヴェルディッキオ」、他にもサルディーニャ、プーリア、リグーリアなどなど

 

詳しくは前回のブログをご覧くださいね☆

 

・山のワイン

 

というわけで、山のワインですが、これはもちろん、畑が山にあるワインのことですね♪
海から離れ標高が高くなると、昼夜の寒暖差が大きくなります。
ここが大事なポイントでして、寒暖差が大きくなると、ブドウが凝縮感をもち、ぐっと引き締まります。
具体的には、酸味がシャープになり、すっきりとした印象になるのです。

 

「海のワイン」でちょっとだけ触れましたが、
海のワインが全体的にふんわりと優しい印象なのに対して、
山のワインはキリッとシャープで固いイメージです。
よく言われるワインの「ミネラル感」も、
海のワインが「海塩」のようなミネラル感なのに対して、
山のワインは例えば「岩塩」のような、より鉱物的な硬く、鋭いイメージになります。

 

・産地でいうと…

 

イタリアなら、「バローロ」「バルバレスコ」に代表されるピエモンテ州、また、トスカーナ州の「キアンティ」、白ワインなら「ソアーヴェ」もそうですね。
他にも、「ソアーヴェ」と同じヴェネト州の「ヴァルポリチェッラ」や、カンパーニャ州のタウラージも山のワインです♪

 

またおもしろいのは、前回出てきたマルケの「ヴェルディッキオ」にも海側の産地「ヴェルディッキオ ディ カステッリ ディ イェージ」と山側の産地「ヴェルディッキオ ディ マテリカ」の2つのDOCがあり、それぞれに違った個性がみえます。
「イェージ」と「マテリカ」を比べると、先ほどの「ミネラル感」がより顕著にわかります♪

 

他にもフランスのブルゴーニュも山のワインと言えますね。
総じて言えるのは厳格な、偉大なワインの多くは山のワインである、ということです☆
(もちろん、そうでないものもあります。例えばボルドーなんかは「海のワイン」とは言えないものの大きな河が近くにあり、「海のワイン」の特徴も持っています)

 

・山のワインとお料理

 

とはいえ、基本は海のワインと同じように、難しいことは考えず、まずは山のワインには山のものを合わせましょう♪

 

例えば、ジビエ料理やチーズ、キノコなどですね。
ジビエでも、特に猪ですと「キアンティ」、煮込み料理ですと「バローロ」「バルバレスコ」などがいいでしょう♪

 

お魚も同じように、夏ですと鮎は「ヴェルディッキオ」でも「イェージ」よりも「マテリカ」の方がしっくりきます☆

 

そんなこんなで、今回は個の辺りで。
それでは皆さま、よいワインライフを♪

 

 

 

 

グラマラスフードBBQ2017

2017年9月1日 

 

先日、毎年恒例の年に一度のグラマラスフードBBQを皆で楽しみました!

今年は高雄パークウェイにて♪

お天気も良く、色んなゲームをし、他店舗との交流も出来、最高の一日となりました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後ともグラマラスフードを宜しくお願いいたします。

 

 

 

また8月28日、全店休業につき大変ご迷惑をおかけいたしました。

またのお越しをお待ちしております。

 

毎日手作り生パスタ★

2017年8月22日 

スタッフ募集中!!

2017年8月22日 

ショッピングサイトお盆の出荷案内

2017年8月8日 

【ショッピングサイトお盆期間中の発送&営業のお知らせ】

 

■冷蔵商品&南イタリア陶器

休まず発送営業いたします。

 

■冷凍ピッツァ

8月10日~8月15日 出荷作業を休業いたします。

また上記期間中のご注文は在庫が整い次第の出荷となりますのでご了承ください。

※尚、ご注文は24時間可能です。

 

 

ご質問等ございましたら下記番号へお問い合わせください。

ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願いいたします。

 

――――――――――――――――

株式会社グラマラスフード

TEL/FAX 075-212-8158

販売部門担当 米津

 

 

オープニングスタッフ大募集!

2017年7月24日 

 

この度、株式会社グラマラスフードは5店舗目となる新店舗を

11月にオープンする予定となりました!

そこで、オープニングスタッフを大募集いたします★

 
 

 
 

接客が好き、食べることが好き、飲むことが好き、料理をしたい・・・

そんな方々と一緒に楽しく働けたらと思っております。

ご興味のある方はぜひお気軽にお電話ください☎

皆様にお会いできることをお待ちしております♪

 

 

 

ソムリエ米津のワインのすすめ~ブドウ畑でつかまえて~vol.6

2017年7月8日 

【海のワイン】

皆さま、こんにちは!
もう夏ですね☆

 

夏と言えば海でしょうか?それとも山ですか?^^
イタリアも日本と同じように南北に長く、中央に山脈があり、地方性が非常に豊かですよね。

 

そんなわけで、ワインにも「海のワイン」と「山のワイン」があるのです♪

 

・イタリアワインの地方性

 

イタリアはかつて「ワインの大地」と呼ばれ、その土地の多くがブドウ栽培に適していまして、20ある州の全てでワインが造られています。
そのため、お料理ももちろんですが、ワインにも地方色があるのです♪

 

今回はそんなイタリアワインの地域性についてのお話です◎

 

・海のワイン
さて、本題ですが、「海のワイン」と言われるとどのようなワインを想像されるのでしょうか?

 

もちろん、海水の中でブドウが育ったりワインが熟成したり、という意味ではなく。 ←当たり前ですね^^;
「ブドウ畑が海に近いエリアのワイン」といったニュアンスです◎
で、そのような海の近くの畑ですと、海風をブドウがいっぱい浴びるわけですね。

 

分かりやすいのが、シチリアの南海岸沿いです。

 

ここはアフリカから地中海を越えて吹き付けるシロッコの影響がかなり出てきます。

 

また、ほかにはサルデーニァやプーリァ、マルケの沿岸部。
具体的には、シチリアの「ネロダーヴォラ」やマルケの「ヴェルディッキオ」。
これらの品種には潮の香りが感じられるものがあります。
と、同時に海塩のようなミネラル感も感じられます。

 

これは風だけでなく、そもそも畑の砂が大昔は海であり、塩分を含んでいることも要因のひとつです。

 

さて、ワインがそうなるとお料理も自然と海産物との相性が良くなってくるわけですね。

 

すっきりタイプの「ヴェルディッキオ」のような白ワインですと、シンプルにお魚のカルパッチョやスパゲッティボンゴレビアンコによく合いますね^^

 

赤ワインの「ネロダーヴォラ」なら、同じ海産物でも赤いお料理に合わせていきましょう◎

 

例えば、マグロ。カルパッチョでも、お刺身でもいけると思います

 

お刺身の場合は、お醤油はいいんですが、ワサビは控えめの方がいいでしょう。
ちなみに、「ネロダーヴォラ」の産地シチリアでもマグロはよく食べられます♪

他にもサバ等の青魚で、脂の乗ったもの。
この脂をタンニンが甘味に変えてくれるのです☆
…これは、以前も書いていましたね。

 

さてさて、お料理との相性はそんな感じですが、総じて海のワインはふんわりと優しい印象のものが多いんです☆

 

特に日本食は海産物が多いと思いますので、日常の食卓にはこういったワインがよく合うのではないでしょうか^^

 

・山のワイン

 

さて、海のワインに対して「山のワイン」ですが、そろそろ長くなってきましたので、これはまた次回書いていこうと思います☆

 

それでは皆さま、良いワインライフを♪

 

インスタ始めました★

2017年7月3日 

梅雨とは思えないお天気と暑さが続いておりますが、皆様体調は崩されてませんか?

 

さてさて、お知らせが遅くなりましたが6月より各店Instagramを始めました★

出来るだけたくさんフレッシュな写真をUPしていきますのでお楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソムリエ米津のワインのすすめ~ブドウ畑でつかまえて~【番外編・ある日のソムリエ】

2017年6月22日 

先日、シェフ塚原の新作パスタの試食をしながら合わせるワインを考えていたときのソムリエ的な思考をそのままブログにしてみます(´∀`)

・瀬戸内産アオサ海苔と小柱のクリームソース フェトチーニ
 

 

まず、アオサ海苔×小柱、これはやっぱり海のワイン(※1)やね
磯の香り、いい感じ◎
とりあえず無難にヴェルディキオ(※2)行ってみよ♪

 

…ヴェルディキオやとワインがすっきり過ぎて、クリームソースに負けてる。。

 

ジビッボ(※3)あったな、あれどうなんやろ。
香りにだいぶ厚みあるし、いけるかも♪

 

…あかん、甘い。
クリームにはいけなくもないけど、アオサ海苔とケンカしてる。。

ちょっといろいろ考えようか。
まず、パスタの方から…特徴は、
1 アオサ海苔の磯の香り。
2 小柱、クリームソースの甘味。
3 仕上げの黒胡椒の香りと刺激。

 

これがメインやね。
さて、ワインに戻って。
1。ここに合うのはやっぱり海のワイン。そこから探そうか。
で、2、、、の、甘味、ベタ甘じゃなくて、ほんのり優しい甘味。ちょっと南寄りかなぁ。

 

…あ!
そういえばKさん、アルネイス(※4)にいつも海苔の香りを感じる言うてたな!
ロエロ(※5)あったよな。いってみよ♪

 

…うん。
確かに海苔の香り、わかる。
ただ、やっぱり北の冷たい(※6)酸味があるよなぁ。
ってなるとクリームソースじゃないんよねぇ。
 
戻って、3。黒胡椒。黒胡椒やと、白じゃなくて赤ワインやんね。
アリアニコ(※7)かネロダヴォラ(※8)か。。
ネロダヴォラかぁ。
いってみよ♪

 

お。
海のニュアンスあるね。
タンニンもあるけど、果実もしっかり感じられる。
胡椒の感じもしっくりくる。
うん、これいいね♪
けっこうぴったりはまってるんじゃない?!

 

…と、日々こんな感じで料理とワインのペアリングを考えています☆
メニューにも簡単に書いていますが、質問していただきますとより一層詳しい説明もいたします♪

 

※1海のワイン…海の近くの畑のワイン、といったニュアンス。海風を浴びて育ったブドウは塩気を感じたりします。
※2ヴェルディッキオ…土着品種。マルケ州で多く作られ、「魚のワイン」と言われるくらい魚介類と相性よし。
※3ジビッボ…土着品種。シチリア産。ピエモンテではモスカートと呼ばれる。英語ではマスカット。甘い香りが特徴。
※4アルネイス…土着品種。ピエモンテ産。フルーツ系の独特の香り。酸とミネラルも多く感じる。
※5ロエロ…ピエモンテのDOC。白はアルネイスより造られる。
※6北の冷たい酸味…温度ではなく、「キリッと」してるイメージ。
※7アリアニコ…土着品種。主にカンパーニァを中心に南イタリア産。タンニン、アルコール、酸が共に豊富。甘草の味わいを感じる。
※8ネロダヴォラ…土着品種。シチリア原産。アルコール度数が高く、酸味も豊富。

 

このページの先頭へ